コラーゲンの減少に引き起こされる目の下のたるみは治療で治す

レディ

効果的な施術法と術後ケア

女性

炭酸ガスレーザーの効果

顔にできたほくろが気になる場合は、美容皮膚科で傷跡を残さずに取り去ることができます。現在多くの施設で用いられている、ほくろ除去の方法は炭酸ガスレーザーを使った施術になります。炭酸ガスレーザーは、メラニン色素を除去するレーザーでは効きにくい、色味が薄いほくろにも効果があります。さらに、盛り上がった状態のほくろにも使用することができ、炭酸ガスレーザーひとつで様々なほくろ除去に対応できます。そして、傷跡を残さずに治療できるのも大きな特徴で、目のきわや唇などデリケートな部位に使用することができます。炭酸ガスレーザーが幅広い患部に施術可能な理由は、ほくろ組織とそこに含まれている水分を蒸発させて取り除いていく仕組みになります。施術時間は、数分から10分程度と短く負担なく受けることができます。

術後のセルフケアも重要

ほくろ除去施術を受けるときに気を付けたいのが、普段の生活の中で行っていく術後のセルフケアです。患部を清潔に保ち、負担がかからないよう注意して生活していく必要があります。特に紫外線対策は重要になり、直接患部に日光が当たらないよう絆創膏などで保護していくことが大切です。術後は病院で専用の保護テープを用意してもらえる場合もあるので、しっかりと活用していきましょう。そして、炭酸ガスレーザー施術の場合に求められるのが、患部を乾燥させずに潤いを保たせておくことです。病院から処方された塗り薬などを使用し、落ち着くまで常に湿潤環境を維持していくことが重要です。ほくろ除去施術は、施術後の肌ケアも大切になるため、医師に指示に従い正しく対処していく必要があります。