コラーゲンの減少に引き起こされる目の下のたるみは治療で治す

女の人

効果的な施術法と術後ケア

女性

美容皮膚科などでのほくろ除去を行う場合、炭酸ガスレーザーによる施術が多くの施設で用いられています。色素の薄いほくろや、盛り上がったほくろなど広く対応でき、傷跡も残りません。施術後都のセルフケアでは、患部を乾燥させずに、湿潤環境を維持することが大切です。

View Detail

しわをなくす注射

注射するレディ

ボトックス注射にはいくつかの効果が期待されています。表情筋に働きかけてしわを解消すると言うことが一番となっていますが、このほかに多汗症の治療やふくらはぎを細くする、にきびの炎症を抑えることができるようになっています。

View Detail

イキイキとした目元

シニア女性

十分な確認を行う

肌のハリやツヤは、年齢を重ねる毎に失われていきます。加齢により肌のコラーゲンが減少するため、たるみやシワといったトラブルを起こします。目の下にたるみがあると、クマに見えて疲れているように見えたり、全体的に覇気のない印象にしてしまいがちです。自己ケアでたるみを防ぐのは、時間もかかり難しいですが、整形外科での施術なら短時間で効果を得る事が出来ます。目の下のたるみを取り除く施術は、病院によって違うので受ける前に確認が必要です。整形外科での施術には、メスを使って切開したり注射器を使う方法があり、施術によって注意点があるので確認しておきましょう。一般的にはダウンタイムが1週間あり、腫れが出る事があります。しかし、腫れはメイクで隠れる程度のものが多いので、事前に医師に確認しておくと安心して施術を受ける事が可能です。

跡が目立たない

メスを使わない施術で目の下のたるみを除去する事は、傷跡を顔に残さないというメリットがあります。メスを使って切開を行うと、傷跡が残り周囲に施術をした事が知られる可能性があります。しかし、切らない施術はその心配はありません。また、メスを使わないので肌に負担をかけず、施術も短時間で済むのが利点です。更に、メスを使わなくても効果の持続性も高く、半永久的にたるみをなくす事が出来ます。傷を残したくないという場合には、切開を行わない施術を選ぶと効果的です。自分のコラーゲンをたるみのある部分に注入するので、薬品による拒絶反応などの心配もないのが特徴です。目の下のたるみをなくす事で、若々しくハリのある目元を実現出来ます。顔が疲れて見える、年齢の割に老けて見えるなどの悩みがある方は、自分に適した施術でたるみをなくす事で悩みの改善が可能です。

自然な仕上がりにする

注射する女性

ほうれい線を取るために、ヒアルロン酸注入をするという方法があります。ヒアルロン酸注入は非常に短時間で施術が終わり、ひどい痛みを伴うことがなく、すぐに効果を得ることができる点などから人気となっています。施術後はヒアルロン酸が固定されていないため、圧迫をしないように注意が必要です。

View Detail

Recommended Links

  • 目の下のクマ・たるみ解消パーフェクトガイド!

    美容整形にはお金がかかるものですが、目の下のたるみの治療が安いクリニックもたくさんありますよ!確認してみましょう。